借金のために生活できないので助けてください

給料が安すぎて生活費もなくなってしまったので生活できないから借金をしたけど、借金を返すために借金する前よりも生活できないくらいにまでなってしまい、もうどうすればいいかわからない。

親には借金していることを言えないし、お金を貸してくれる知り合いもいないので、これではもう生きていけなくなってしまう。

そんな絶望的な状況にまで陥ってしまっているのであれば債務整理を検討してください。

借金返済ができない状況にあったとしても、債務整理をすれば解決する道が見つかります。

借金が返済滞っているしまっているのに、これから出費を減らせば返済できるようになるだろう、新たに借り入れ先が見つかれば来月の返済は凌ぐことができる、などと考えていたら、さらに状況を悪化させてしまいます。

返済が滞ってしまいその状態が続くのであればさらに事態を悪化させますし、日に日に利息額が増えていくだけですので、自分で自分の首を絞めているのと同じことをしているのです。

返済できないから別の借入先からお金を借りることを返す自転車操業を繰り返していれば、たとえ出費を抑えたとしても借金の額が増える一方です。

このような状態に陥ってしまっている人にとって解決策となるのが債務整理なのですが、債務整理の任意整理について説明します。

任意整理とは

任意整理をすることで債権者からの催促が止まります。利息の軽減が認められる可能性がありますし、計算可能な範囲での支払いが認められます。

月々の返済額の軽減だけでなく返済の元本を軽減される可能性もあります。

任意整理をした場合、信用情報に傷がつくのかについても説明します。

確かに任意整理をしてから新たに借り入れ先から借りれないなどの制限はあります。ただしそれは数年間のことですし、任意整理によって完済したら、二度と同じような借金を繰り返さないことも重要になりますので、この数年の制限はたいしたことではありません。

借金が増えてしまうのは借金で借金を返すことを繰り返すからです。そのようなことにならないためにも任意整理はとても効果がある債務整理となります。

任意整理をしたことが職場や家族にバレてしまわないか?

任意整理の手続きは司法書士は弁護士を行います。守秘義務がありますので本人以外には教えてはいけないことが法律で定められていますので、 バレてしまうことはありません。

それよりも任意整理することを躊躇しているあいだに、お金を借りた金融機関からの催促電話に怯えているのではないでしょうか。

不審な行動は周りから怪しまれますし、借金していることを内緒にしているのでは毎日怯えた日々を過ごしていることでしょう。

そのような状況から抜け出すにも債務整理を考えてください。債務整理の手続きは司法書士や弁護士が手続きを代行してくれますし、借金問題を解決するために最善の方法を示してくれます。

それでもまだ行動を起こせないと言うのであれば、債務整理を扱っている司法書士や弁護士の事務所で無料相談を行っていますし、匿名での相談も可能です。

依頼するまでは費用は発生しませんので、借金の現状を認識するためにも無料相談を活用してください。

借金問題は何もしないままでは何一つ解決しませんし借金の額が増えるだけです。

最終的には闇金に手を出してしまうことになるかもしれませんので一刻の猶予も許されません。

もし借金を払いすぎていたのでしたら任意整理の手続きと共に過払い請求もできますので、借金の額も減らすことができます。

生活できないから借金したのに、その借金によってさらに生活が苦しくなるのは本末転倒です。

借金を完済して安定した生活を取り戻せるよう今すぐ行動してください。

行動すれば未来を変えられます。司法書士は弁護士に相談することによって借金問題を解決するスタートを切ってください。そして明るい未来を手に入れてください。