生活できないほど給料が安いなら今スグやるべきこと

<スポンサーリンク>

働きに働いてるのに給料が安すぎて、これではとても生活できない。

このような不満に思ってる人はたくさんいるはずです。しかし、愚痴を言っていたとしても問題を解決することはできません。

給料が安いために生活できないのであれば、これから紹介することを参考にしてください。

給料が安いと仕事も生活もままならない

給料が安いデメリットはたくさんありますよね。

欲しいものだけでなく生活に必要なものさえも買えなくなってしまう。

いつも、お金の事ばかり考えてしまい、仕事や人生で今すべきことを後回しにしてしまう。

デートや友人と食事をする時でも支払いはどのくらいになってしまうかで頭がいっぱいになるため心から楽しむことができない。

いくら働いても給料が安くては仕事に対するやる気が出ない。

給料が安いことによってネガティブな感情が覆い尽くしてしまっては、心と体にも悪影響を及ぼします。

同僚も安い給料で働いているのだから自分も我慢しなければという気真面目な人が多いですが、それでは限界が来てしまいます。

給料が安いと感じているのなら、給料を上げるために行動を起こしてください。それがあなた自身のためになることなのです。

今より給料が高い職場へ転職する

現在の職場で働いていても給料が急激に上がることは残念ながらありません。

また平社員の給料が安い会社は管理職に昇格したとしても給料は他の会社と比較しても平均的に低いままです。

働き続けても未来が見えない職場で働き続けるよりも転職を考えるべきです。

給料を上げるために最も確実なのは、今より給料が高い企業に転職することです。

このまま安い給料で定年まで過ごすのか、転職して明るい未来を掴むのか、今のあなたならどちらを選びますか?

生活を改善する

今の職場より給料が高くなる転職先を見つけることができない、今の会社を辞めることができないと言うのでしたら、生活を改善することにより出費を抑えましょう。

しかし、生活ができないくらい給料が安いと嘆いているのでしたら、これ以上の出費を抑えることができないとあきらめているかもしれません。

しかし、お金の流れを全て把握することで改善する項目がたくさん出てきます。そのために重要なのはまず家計簿をつけることです。
家計簿をつける必要性
家計簿をつければお金の流れを把握できますし、どのようなことでお金を使っているかがわかります。

家計簿をつけるだけでなく一週間、1ヶ月単位でチェックすることが重要です。

本当に必要な出費だったのか、もし購入しなくても生活できたのではないかなど、不必要な項目を明らかにします。

不必要な出費を計算して、この出費をなくせばどれくらいの節約になるのかを確認し、今後の無駄な出費を防ぐよう対策を立てましょう。

節約はムリをしなくても出来る

節約することによりお金に余裕が生まれます。だからと言って食事の量を減らすなど無理をする必要はありません。

同じものを買うにしろスーパーやコンビニでも価格差がありますので、安い方を選ぶようにしましょう。

また、新品ではなく中古品で使えるものがあれば、中古品の方が安くなりますので、オークションやフリーマーケットで買えるものは、そちらで購入するようにすればさらに効果的に節約ができます。

スマホの見直しも大きく節約できます。キャリアのプランではなく格安SIMに乗り換えれ、月額2000円以内に抑えられます。

格安SIMに乗り換えをきっかけにしてバケットも少なくして、無駄にネットサーフィンをしないと心がければ、さらに格安プランを利用できますので、心構えを節約モードにするためにもあえて縛りをかけるのもいいでしょう。

残業する

きちんと残業代が支払われる企業になりますが、可能であれば残業して給料を増やしましょう。

今すぐ給料を増やしたいのであれば最も手っ取り早い方法になります。ただし、残業して健康を損ねるようなことだけはしないようにしてください。

病気になってしまえばさらに出費が増えてしまいますので、給料を増やすための残業で病気になってしまいさらに出費が増えてしまったという本末転倒なことが起こらないよう、自分の身体と相談したうえで残業をするようにしてください。

副業する

現在の給料ではとても給料が少ないのであれば、副業に取り組まれるのはいかがでしょうか。

気軽にできる副業としてオークションがあります。家にある必要なものを売ればいくらかの価格となりますし、使わなくなったものでも意外な価値があり高値で売れる場合もあります。

オークションはヤフオクやメルカリで手軽にできますので、家の中の整理をするついでに出品できるものがあれば、それを売ってお金にしてください。

副業で注意すべきこと

副業が禁止の会社でしたら対策を施しておくことが必要です。

副業で年間20万円以上を稼ぐと確定申告の義務が生じます。確定申告は義務になりますが、確定申告をすることで会社にばれてしまう可能性があります。

副業がバレて即解雇になることはないでしょうが、リスクがあることを覚えておいてください。
まとめ
今の会社の企業が安いからといって悲観するのではなく、これからどうすべきかを考えて行動してください。行動することによって未来は変わります。

給料が安くて生活できないことがあったと振り返られる未来が来ることを願っています。

<スポンサーリンク>

Posted by admin